ゴリラの村

その握力で書き殴るあれこれ

ブレンディの白桃紅茶オレがばりうまい。みんな飲め。

どうも。桃尻ゴリラです。

 

いきなりだけど、ブレンディの白桃紅茶オレばりうまい

 

うますぎて感動したので記事にする。

 

ブレンディの回し者と思われても構わない。

 

みんな飲め。

 

 

とりあえずうまい。飲め。

なんたってうまい

 

もう一度言う、うまい

 

とは言っても、人にはそれぞれ好みがある。

と言うことで、全人類を、甘いのが好きか苦手か一旦分けよう

 

 

まずは甘いのが好きなやつ、飲め

桃の良い香りと甘みのバランスに虜になること間違いなし。

職場でも家でも一息つくのにもってこいである。

 

次に甘いのが苦手なやつ、飲め

安心しろ。言うほど甘くない。てかちょうど良い。

なんならゴリラも甘いの苦手な方だ。ショートケーキとかで気持ち悪くなっちゃう系だ。

でもうまい。だからきっと大丈夫である。

 

 

と言うことでここまで話をベン図にまとめるとこうなる。

f:id:gorimura7:20180327221750p:plain

※Gorimura et al. (2018) *1

 

てかこれベン図って言わねーだろという批判は受け付けない。フィーリングで受け取ってほしい。

まずは落ち着くために一杯飲むことをおすすめする。

 

新商品かと思ったら違った。でも飲め。

今まで見たことなかった(と、思ってた)から新商品かと思ったが、

 

全然そんなことなかった。

 

なんなら二年前の商品だった。

www.agf.co.jp

 

ちょっとショックである。

 

いや、

 

新製品じゃなかったことにちょっとショックを受けるくらいうまいのだ。

 

てことで飲め

 

この商品に消えて欲しくない。だから飲め。

なぜこんなにゴリゴリ押すのか。

 

それは私がゴリラだからでも、ブレンディの回し者だからでもない。

 

 

「麦のごちそう」というビールを知っているだろうか。

 

数年前のキリンの商品だが、私はこれが大好きだった。

 

手頃な値段で自分の舌に合った商品というのは、ものすごくありがたい。

 

ちょっと飲みたくなったらすぐにスーパーで買ってきて飲んでいた。

 

うまいというのは一番シンプルな幸せだと思う。

 

駄菓子菓子、無情にも、いつの間にか「麦のごちそう」は店頭から姿を消してしまった...。

 

あの時の悲しみを私はまた味わいたくない...

 

そのためには何が必要か。

 

そう。売り上げである。

(ついでにゴリラの小遣いになればなお良い)

 

 

なので私は全力で勧める。

 

 

というわけで、 

 

さあ飲め。

*1:当たり前だが嘘である。