ゴリラの村

その握力で書き殴るあれこれ

奨学金を繰上返還したら謎のお金が戻ってきた話【保証料返戻通知書】

f:id:gorimura7:20180413160926j:plain

どうも。ゴリラです。

 

突然ですが、

皆さんは ”返戻” って読めますか?

 

 

これは ”へんれい” と読みます。

 

 

なので、

「保証料返戻通知書」

 

 

は、

 

 

「ほしょうりょうへんれいつうちしょ」

と読みます。

 

 

 

まあ余裕ですよね?

 

間違っても、

「ほしょうりょう...へ...へんもど...つうちしょ?」

 

などという音訓ごっちゃになった読みはしてはいけません。

 

 

いいですか?絶対にしてはいけませんよ?

 

 

 

 

 

 

 

...え?

 

やっちゃった?

 

それなら仕方ありません。

 

あなたも今日からゴリラです。ようこそマイフレンド。

※ちなみに意味は ”返したり戻したりすること” です。

返戻(ヘンレイ)とは - コトバンク

 

 

はい、茶番終わり。

 

 

てことで以下本編

 

突然届いた「保証金返戻通知書」 

先日うちに帰ると、見慣れない宛先からの郵便物が。

 

送り主は

”日本国際教育支援協会 機関保証センター”

となっている。

 

国際教育の組織からなんの連絡?

と思いながらも開けてみると、

先日繰り上げで払い終えた奨学金について、

「保証料の返戻が発生しております」

とのこと。

 

これは流行りの還付金詐欺では!と一瞬疑うも、

なんのことはなく、

”お金が口座に振り込まれるから確認してね!”

ということだった。

 

え?やった!ラッキー!!

 

しかし奨学金の繰上返還でこんなお金が戻って来ることは、

全く知らなかったのでちょっと調べてみた。

 

一体なんのお金が返って来たのか

今回返戻される(振り込まれる)お金は一体なんなのか。

最初に奨学金の簡単な説明から。

 

 

ます奨学金を借りる際、

学生は連帯保証人を立てなければならない。

本人が払えなくなった時に本人の代わりに支払いを行う人のことである。

 

 

しかし、連帯保証人を立てずに借りる方法もある。

それが機関保証制度である。

 

 

これは保証機関に保証料を毎月支払うことで、

この保証機関がもしもの時の保証人となってくれるシステム。

 

そしてゴリラはこの機関保証制度を使っていた。

 

 

 

ここで今回の通知書の送り先を再確認!

 

”日本国際教育支援協会 機関保証センター”

 

である。

 

 

つまりこの”日本国際教育支援協会 機関保証センター”こそが、

ゴリラの保証機関として、

ゴリラが機関保証料を毎月支払っていた組織だったのだ!

 

 

そしてこの機関保証料は、

毎月振り込まれた奨学金から天引きされる形で、

機関へと支払われる。

 

そして!

この機関保証料の総額は、

奨学金の返済が始まった後、

予定通りのペースで返還が済んだ場合を想定している(保証する期間によって決まるってことか?)ため、

 

繰上返還した場合、

予定されていた保証料の一部が浮き、返戻される。

ということのようです。

 

 

まとめ

機関保証制度を使っていた場合、

繰上返還をすることで保証料の一部が戻って来る可能性がある

参考:JEES 機関保証に加入している方で現在奨学金返還中の方へ

 

 

ちなみにゴリラに戻って来た額は2万ほど。めっちゃ嬉しい。

 

長期にわたってちまちま返すのが嫌だったから、

繰上返還したわけだけども、

これは思わぬラッキー!

 

もし機関保証制度で奨学金を借りていた方は、

繰上返還でお金が返って来るかもしれませんよ!