ゴリラの村

その握力で書き殴るあれこれ

改めて、Switchゼルダが面白すぎて感動した。

どうも。ゴリラの伝説です。

おとといの深夜、ついにゼルダの伝説BoWクリアした。

 

久しぶりの感覚すぎて驚いたが、

この歳になって、本当に小学生の頃のようにこのゲームにハマった。

そうさせる魅力がこのゲームは溢れていた。

 

クリアして、改めて、

あ〜このゲームやって良かったな〜と思ったので、

勢いでこの記事を書いてます。

 

プレイし始めの頃↓

gorimura7.hatenablog.com

 

 

めっちゃ悩んだけど買って良かった

私はこのソフトをSwitch本体と一緒に購入した。

自分で、クリアまで全部プレイしたゼルダシリーズとしては、

ムジュラ以来2作目のソフトだった。

 

時のオカリナ森の神殿で断念したし、

風のタクトは友人がやっているのを横から見てるので十分だった。

4つの剣はクリアした気がするけど、

あれはみんなでワイワイやるのが楽しかったもので、

内容は正直あまり覚えていない。

 

でもこの作品は、自分でやってみたかった。

そしてできるだけ自力で、周囲からの情報を入れずにプレイしてみたかった。

 

それは友人の家で軽くプレイさせて貰った時の感覚とか、

ネタバレの無いレビューでの評価のされ方とか、

公式サイトの映像とか、

単に、しばらくゲームから離れていたから興味が湧いたこととか、

いろんなことが重なってのことで、

 

だからこそハードとセットで買うというゴリラにとっては大きな決断になり、

めちゃくちゃ悩んだけど、実際買って本当に良かった。

 

それに嬉しい誤算として、いいブログのネタにもなった。

 

ブログのネタとしてもやって良かった

ここでいう、いいブログのネタっていうのは、

PVが取れる記事とかそういう話ではなく(もちろんPVは欲しいよ!)

記事の書き方とか、読ませ方とかをゆるく考えつつの、

自分が書いてて楽しい記事、完全自己満足としての記事のネタとして、

とっても良かったということ。

 

3日坊主のだらだらゴリラが、途中で飽きずに4ヶ月ブログを続けて来れたことには、

間違いなくこのゼルダの存在がでかかった。

 

自己満で書いてるのがわかってるから、

PVにもそこまで頓着することなく続けられたんだと思う。

 

初期は、記事と実際のプレイにズレはなかったけど、

ちょっと後半は面白すぎて一気にやってしまった。

プレイ時とズレは無いほうが書きやすいけど、

思い出に浸りながら、記事にしていくのも面白いかもしれない。

 

BOWプレイして感動したとこまとめ

・誰にも縛られないウルトラ自由な世界とストーリー

・思わず童心に返る、好奇心をくすぐるギミック

・大画面でプレイしたくなる、息を飲む綺麗な風景

 

言葉にするとこうなっちゃうんだけど、

 

ちまちま3ヶ月プレイしていてもまだ飽きない。

そしてクリアした今思うのが、

”2週目やろう!DLCもやっちゃおう!”

だったりするので、

そこらへんで察してもらうのがいいのかもしれない。

 

本当にいいゲームに出会えたなあと思ったおとといの夜でした。

 

てことで!

ぐっばい!